簪の休憩<処>

いろいろ。時々リアル。日記なのに不定期投稿(しばらく毎日)

流行りの要因を考える。(53日目)

やっ

 

 

あったかいから洗濯物がよく乾く!

 

できるだけ室内干しはしたくないから

最近は晴れ続きで嬉しいなあ

 

考えたら日が沈むまでの時間もすごく遅くなってきてるんだね

当たり前のことだけど

 

 

さてさて

今回は流行った(流行ってる)ものがどうして

流行ったのかをなんとなく考えるやつです

 

今回は

「ヴァーチャルYoutuber(通称:Vtuber)」

に焦点を当てようと思うよー

 

Youtuberといえば
良い意味でも悪い意味でも社会問題を
引き起こし、今も特定の層から絶大な支持があるけど、
そのYoutuberをヴァーチャル化した
ものとしてヴァーチャルYoutuberというのが2017年度から流行りだしたよね

 

Youtuberとヴァーチャルリアリティを
組み合わせたもので、
現在一部の層にとどまらず、海外でも爆発的な人気を誇っていて
アニメや漫画などに見られる文化も作られ始めている気がする


んでんで

明確に「これがVtuberだ!」っていうのはないんだけど(少なくとも見た感じは)
現在ヴァーチャルYoutuberとして
活動している人たちはみんな、
ヴァーチャル空間内(仮想空間内)で
活動しているってのが特徴としてあるの

 

みんな、ヴァーチャル空間内で
仮想な肉体を使って現実にいる
Youtuberのような振る舞いをYoutubeを通して私たちに動画を提供している感じ

 

だから
ヴァーチャル(空間で活動する)Youtuberなんだね


んでんで
ここからが本題なんだけど
どうして流行ったのかってことなんだけど
2つ要員としていいものがあるんだよね

 

まず1つに
仮想空間内なので
現実では到底できないような動画を見ることができる
つまり目新しさがあるということ

 

例えば、自分がキリンになりたいと思った所で現実では到底なることはできないよね?
でもでも
仮想空間ではキリンとして生活することができるの

 

実際にこの人たちの中には
「動物が好きだから、植物が好きだから」
など多種多様な理由で
自らが望む姿になって活動をしている例もあるんだよね

 

あと2つ目なんだけど
どっちかというとこっちがメインなんだけど
リアルと完全に分離できるってのがあると思うんだよね

 

リアルの人がテレビに出てると
私だけかもだけど
この人はどういう考えを持っていて話しているのか、どういう性格なのかなど
自然と考えてしまうんだよー

 

でもでも
ヴァーチャルYoutuberは完全にリアルと切り離されているため、一つの作品としてみることができるんだよ


例をあげたら
アニメを見る感覚に近いなーって感じた

 

だから
親しみやすく、また気軽に見れるというYoutubeの特徴も兼ねているため
多くの人に親しまれ始めているのだろうなーって思ったよー

 

以上ふんわりとした考察終わり

 

実際私も結構みてたんだよね
すごく流行ってた時

 

すごいよね
大きな企業さんとかが協力しているのを見ると
本当に今きてる文化なんだなーって思いました

 

 

今日は以上

 

 

//一言

お腹痛い。。。。

 

 

 


スポンサーリンク