簪の休憩<処>

いろいろ。時々リアル。日記なのに不定期投稿(しばらく毎日)

人間とAI。(43日目)

やっ

 

今日は開幕本題

 

 

AIのことを考えてたら人間を人間たらしめる要因はなんだろうってなった

 


あ、こっから出す例は見る人によっては

嫌に感じるかもなので自己責任でお願いします

あとあと

文章力がないので固くてよく分からない文章かもなのでそこはごめんなさい

 

 

 

例えばだけど

生体組織も臓器も肉体も人間そのものだけど

脳みそが人口知能だったらそれは人間か? 

ってなると多くの人は人間じゃないってこたえるとおもうんだよね

 


んでんで

体の中も外も完全な機械でできてるけど脳みそは人間のものだとしてもそれは人間じゃないって感じると思うんだよね

 


前者は脳(感情や考え)が人間の本質って考え方で後者は人間らしい体が人間の本質って考え方だけど

 

 

 

でもでも

体の一部が人間ものでない(ここでは義手や義足といったもの)としても人間と認識するように

必ず体が人の本質とは言えないなと思った

 


思考を人間の本質と考えても

ある一定の以上の知識や考えを行う人口的な知能を人とみなすかと言われてもうーん?ってなるし

 

 

 

まあ

結論的にこれは自分がどう捉えるかによって変わっちゃうなーってなった

極論人工知能が自分を人間だと信じて疑わなかったとしても私から見たらそれは人工知能にしか見えないし

人工知能を搭載した人間そっくりなロボットが完璧に人間のような感情、考え方、振る舞いをしたら私は人間だと思ってしまうと思う

 


ちょっと難しいなって感じた

 


今日は以上

 

 

//一言

体調が悪すぎる

 


スポンサーリンク
/*階層*/