簪さんはお休みしたい ーゆっくり生きログー

いろいろ。時々リアル。日記なのに不定期投稿(しばらく毎日)

【四月一日】【佐藤】さまざまな苗字の語源が面白い。


f:id:zash01105:20180827184246p:plain


 

 

やっほー

 

 

かんざし(@sino_restplace)です!

 

 

 

今回は題の通り

「苗字」のおはなしです

 

ほぼ絶対と言っていいほど

私たちは苗字を持っていますが

その数は多種多様ですよね

 

また

社会人ともなると

人と交流する機会が

自ずと増えるので

多くの苗字にであうよね

 

自分の苗字の語源を昔調べたことがあったの

一度は気にならない?

 

語源を言ってしまうと

苗字がわかってしまうので

言わないけど

調べたとき思ったのは

「あー結構そのまんまだなあ。。。」

て思ったのですよ

 

苗字って結構単純なんですよね

プログラムで変数の名前を

機能に応じたものにするように、

ほんとうにラベルのような使い方を

してるんだなーって感じました

 

でもでも

苗字一覧をみてみると

どうゆう起源なんだろうって

ものもたくさんあって

 

だから

今回はそのわかんなかった起源を

調べて見たので軽くまとめていこうとおもうよーっ!

 

それでいってみましょーー!

 

 

スポンサーリンク

 


 

佐藤

 

全国でもっとも多い苗字と言われている

「佐藤」さんだけど

 

その起源を見てみるとなかなかむずかしい

 

単純にいうと

佐渡市にいた藤原という姓が短くなって

佐藤となったらしい

その昔藤原家が国を担っていた時代に

「藤」とつく姓を持つものは

皆分家(家来的な?)だったんだって

 

歴史に詳しくないからよくわかんないけど

じゃあ納めていなかった土地には

逆に佐藤さんはすくないのかな?

 

あとその時代の流行とかも

ありそうだよね

 

 

四月一日(わたぬき)

 

私が知ってる漫画の好きなキャラクター

と読み方が一緒なので選んだ

 

まず苗字の長さに驚くけど

読み方も特殊だね

 

見た通りすごく珍しい苗字なんだって

私も出会ったことがないな

 

由来としては4/1に

昔の人は冬の防寒衣のなかの

「わた」を抜いていたんだって

だから4月1日とかいて「わたぬき」と読むらしい

 

さっきのように偉い人のなまえを

継承しているというケースもあれば

その時の風習や動作を姓にしたものも

あるんだね

 

あとあと

この日付を姓としたものも面白くって

八月一日とかいてほづみとよんだり

なんか物珍らしくて新鮮で

いいなーって思った

 

 

一(にのまえ)

 

漢字はすごく単純なのに

読み方が特殊な姓だね

 

そのゆらいも見た通り

2の前が1だから「にのまえ」

って呼ぶの

 

なんか粋な感じがするよね

 

日本人特有の文化も

あるじゃないですか

 

こーゆう言葉遊びのような

姓はすごく独特でかっこいいなって感じました

 

ほかにも

「鷹がいないので小鳥が自由に空を飛べる」ことから

「小鳥遊」を「たかなし」と呼んだり

いろいろ見てみると納得するものや

感心するものも多くあって

よいと思った

 

 


スポンサーリンク

 

 

 

 

て感じかなーっ?

 

話はだいぶ前に戻るけど

正直どの姓が多いとか

関係ないような気がするの

 

実際今まで生きてきて佐藤って苗字の人に

あったことがないし

 

だから私にとっては

佐藤さんが一番珍しい苗字かな。。。

 

 

今日はここまで

 

それではっ

 


スポンサーリンク