簪の休憩<処>

いろいろ。時々リアル。日記なのに不定期投稿(しばらく毎日)

イメージは所詮想像上のもの。(102日目)

やっ

 

 

今日暑すぎない?

 

梅雨入り時の晴れの日って

もわもわしてるわ日差し強いわで

結構ヤバヤバだよね

 

最近外に出てすることが多くなってきたから

なかなか萎えながら頑張ってるよ

 

 

さてさて

今回は題の通り

「イメージ」のお話です

 

もちろん画像のことじゃないよ

 

今からいう「イメージ」は

そのものに対する感じであったり、

それを聞いて何を連想するかっていう

意味ね

 

じゃあまず聞くけど

「インドアな人」

って聞くとどうゆうイメージがあるかな?

 

大体の人は

「ネガティブ」であったり「怠惰」

っていうあんまり良い方向のイメージが

ないんじゃないかな

 

でも全くもってそうゆうわけじゃないんだよね

 

もちろんそうゆう人もいるかもしれないけど

 

私は現にインドアだしよく引きこもる

自宅大好き人間だけど

単にそれが好きだからしてるの

 

だから別に全然「ポジティブ」だし、

怠惰ってわけでもないんだよ

 

でも世間の大多数の人が

そうゆうイメージを持つもんだから

そうゆうもんだってなっちゃうんだよね

 

人は最初のイメージに引っ張られやすい傾向にあるから

こうゆうイメージだけで物事を語る人を見ると

なんだかうーんってなるな。。。。

 

あとこうゆうのは全く反対の属性に当たる人々が

持っている印象がありますね

 

今回だといわゆる「アウトドア派」の人だね

(別にアウトドア派の人を批判してるわけじゃないです

実際アウトドアもいい文明)

 

友人に昔言われたことがあるのです

 

「もっと外に出た方がいいよ」

 

って

 

それを聞いて思ったのですよ

 

「〜した方がいいってなに?」

 

もちろんわかりますよ

 

友人からしたら普段から外に出ず

引きこもっている私を気遣って行ったのかもしれない

 

でも方がいいっていう言い方が気に食わなかったんですよね

 

どっちがいいかなんて私が決めることだし

 

 

再三言いますが

イメージは所詮「イメージ」です

 

イメージに引っ張られる

それだけで判断するのではなく

より内部から見てあげてね

 

 

今日は以上

 

 

//一言

(最近は外に出ているぞ友人。。。)

 

 

 


スポンサーリンク
/*階層*/