簪の休憩<処>

いろいろ。時々リアル。日記なのに不定期投稿(しばらく毎日)

よく考えたらすごい。(115日目)

やっ

 

 

雨強すぎ

靴も洋服もビッショビショになった。。。

 

しかも

なんか寝れなくて

不本意な徹夜をしてしまったもんだから

終始眠たかったし。。。

 

寝れなくてもう起きてようってなった時って

だいたい後悔するんだよね

 

学習しないなー。。。。

 

 

さてさて

今回も題の通りなんだけども

 

電車に乗るために

地下鉄の階段を下っていた時に思ったんだけど

シンプルに階段を見ないで下れるって

すごくなーって思ったの

 

凄く

当たり前のことだけど

対象物を見ないでそれができるって

ふつう難しいことだと思うの

 

またまた

不思議なもので目をつぶって下るのとでは

全然違うんだよね

 

どちらも対象物は見ていないことには変わらないんだよね

 

両者の違いは

あんまり詳しいことはわからないんだけど

多分平衡感覚とかその辺りが視覚がなくなることによって狂ってしまうからだと考えたけど

実際どうなんだろうね?

 

でもでも

五感の情報が一つでもかけてしまうと

すごく大変なんだって感じる

 

私が小学生の頃

老人ホームで生活されている人々と交流をするという機会があったの

 

その時、ご老人の生活がどれほど大変なのかというものを体験するというものがあったのですが、視界が暗く、体も重く非常に心細くなったんだよね

 

別に全ての人に当てはまるわけではないけど、やはり感覚というものはすごく重要なんだとその時深く関心したのです

 

体を健康に動かせるのは当たり前のことだけど

それを当たり前だと納得するのは

良くないことだなと思いました

 

 

今日は以上

 

 

//一言

帰りまでずっと雨だった。。。

 

 

 


スポンサーリンク
/*階層*/