簪さんはお休みしたい ーゆっくり生きログー

いろいろ。時々リアル。日記なのに不定期投稿(しばらく毎日)

【ある意味夏の代名詞】汗かきを治す方法やかいてしまった時の対処法についてまとめてみましたっ


f:id:zash01105:20180929003357p:plain


 

 

やっほー

 

かんざし(@sino_restplace)です!

 

いやー

ほんと暑いですね。。。

 

ついに京都も40度を超えたとかなんとか

 

そんなこと言われても漠然としてしまうのですがとにかく「暑い!」っていうことだけはわかりますね~

 

そんな「暑い!」っていう状況と

切っても切れない関係なのが

汗じゃないですか

 

「いざかくぞ!」って時以外の汗って

すごくうっとおしいというか

正直いい印象はないですよね

 

 

「汗臭くないかな??」気になるし、人の目も気になってしまうし。。。

 

なので今回は

そんな汗を思ったよりもかいてしまった時の対処法や、対策についてまとめていこうと思いますっ!

 

 

 

スポンサーリンク

 


 

どうして汗をかくの?

 

そもそもどうして人は汗を書いてしまうのか?

 

 

実は、人の汗はどれもおんなじというわけでなく、

「どの部位」から出てくるかによって役割が異なるんですよね

 

人の体には「エクリン腺」と「アポクリン腺」という、

2種類の汗腺があり、それぞれ以下のような役割を担っています

 

種類 部位 役割 匂い
エクリン腺 ほぼ全身 体温調整 無い 無い
アポクリン腺 脇の下、生殖部 フェロモン 白濁色 ほぼ無い

 

また、その2つの汗腺が行う役割によっても分けられます

 

暑い時に体温を調整するためにでる「温熱性発汗」、

緊張したり、びっくりした時に出る「精神的発汗」、

辛いものを食べた時に出るような「味覚的発汗」に分かれています

 

このように汗にもそれぞれ種類があるんですね〜 

 

人によって汗をかく量が違うのはなぜ??

 

ではでは、

汗っかきの人、全然汗をかかない人といったように

どうして人によって汗をかく量が異なるのでしょうか??

 

調べたところ

その量の違いには2つの要因があると考えられます

 

まず「体質」、

つまり生まれ持って汗をかく量が異なるというものです

 

先ほど述べたように

人間のからだには全身にエクリン腺という汗腺があるのですが

その汗腺の数は人によって異なるのです

それはおおよそ3歳になるまでに決定される言われていますが、

当然平均より多い人は汗をいっぱいかいてしまうし

少ない人はあまり汗をかかない、

といった具合なのです

 

次に「生活習慣」という要因です

 

その人が普段どのような生活をしているかによっても

汗をかく量というものは変わってきます

 

筋肉量の多さであったり、脂肪の多さ、

老化であったり、水分をどれほどとるかによっても決まってくるのです

 

 

汗かきを予防する方法!

 

では、そんな汗をどうしたら抑えることができるのかを

上の原因より考えてみましょう!

 

体温を物理的に下げる

 

先ほど述べたように、私たちが「汗をかく」と主に指している

エクリン腺は「体温調整」のために汗を放出しているのです

 

つまり、保冷剤や、冷たい飲み物などで

体の温度を物理的に下げてあげると

汗を出す必要がないので汗をかかないように

することができるでしょう

 

汗を止めるツボを押す

次に、人間の体には

「汗を止めるツボ」というものが存在するらしいです

 

これは一つの例なのですが

 

京都の舞妓さんは

このツボの技術を利用していると言われています

 

夏場でも白粉を塗り、絶対に化粧を崩すわけにいかない

舞妓さんは、

脇の下の着物の帯を強くしめてツボを刺激させ

汗の分泌を抑えているらしいです

 

 

病院で薬を処方してもらう・治療を行う

それでも

「汗が気になって仕方がない」

といった場合には

薬で治療するのがいいかもしれません

 

どういった薬かはわかりませんが

 

「汗の分泌を抑える」といった薬は

あるみたいです!

 

また、汗腺の量を減らすとといった

治療もあるみたいです!

 

 

それでも汗をかいてしまったら?

 

「上の方法を使ってみたけどやっぱり汗をかいてしまった。。。」

 

っていう場合にはどうすればいいのでしょう?

 

汗ってべとついて不快に感じるっていうよりは

「匂いは大丈夫かな?」っていう不安の方が

個人的には大きいんですよね

 

したがって

匂いの少ないような綺麗な汗が出るように

心がけるのがいいと思います

 

例えば、

汗を一度書いてしまうと

体内の水分とナトリウムのを摂取する必要があるので

スポーツドリンク等を補給するようにしましょう

水では濃度が変わってしまうので

いけないです

 

あとコーヒーやエナジードリンク、ビール等のお酒には

発汗作用があるためあんまり補給には向いていないですね

 

また匂いを発する原因として

汗が乾燥し、皮膚の雑菌と反応することにより

起こることがあるので

ウェットシート等で清潔にすると

効果的ですね

 

 

 

 

 


スポンサーリンク

 

 

 

 

って感じかなー?

 

 

私も汗かきで

なかなか辛い思いをしたことがあるので

今回まとめてみました!

 

 

もちろん汗をかかないっというのは

体の仕組み上

あんまり良くないことなのですが、

 

少しでもその嫌な感じを軽減できるよう

参考になれば嬉しいです(^_^)

 

 

 

今日は以上

 

 

//一言

ちょっと焼けた感?すぐ痛くなっちゃうからいやだなあ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 


スポンサーリンク