簪さんはお休みしたい ーゆっくり生きログー

いろいろ。時々リアル。日記なのに不定期投稿(しばらく毎日)

私が「友達は少なくてもいい。でも人付き合いはたくさんすべきだ」と思う理由


やっほー

 


かんざしです

 

 

 

私は基本引きこもり気質なので、

他人と話す機会はおそらく

他の人より圧倒的に少ないのだと

思うのですが、

 


その中でも

誰かとコミュニケーションを取るたびに

思うのです

 


「ああ、友達は少なくていいな」

 


 


別にめんどくさいわけでも

(確かにたまにめんどくさいなーとは思いますが)

 


私が言いたいのは、

 


「人付き合いは必要だけど

友達作りはそこまで必要じゃない」

 


ということなのです

 

どういうことなのか話していこう思いますね

 

 

まず

「友達が少ない人」

に対してどういった印象を持っていますか?


その多くが


「寂しい人」


「人付き合いが苦手な人」


といった意見が占めると思うのですが

私はそうは思わないのです


むしろ私は

「この人は人付き合いが上手すぎるんじゃないか?」

と思います

 

ここで1つ言わせて欲しいのですが


「人付き合いがうまい」


という事と、


「友達作りがうまい」


は必ずしもイコールではないと思うんです


多くの場合、

人付き合いが上手な人は

多くの人とコミュニケーションを取ることができるので結果的に友達を多く作ることができますが


その過程で何かを学び、

友達と知り合いを明確に分けているという

人もいるのです


簡単に言うと

「この人は友達、この人は知人」

という境界をはっきり作っている人もいるということなんです


友達が多いという方に質問なのですが、

「あなたはその友達全員に自分の一番大きな秘密を言えますか?」


私は言えません、少なくとも全員には


まあ単純な話

母数が多ければ

 

「その秘密が広まるかもしれない」


というリスクが大きくなるのでなんともですが(そもそも秘密を漏らすかもと思っている時点で信頼していないようにも思えますが)


私は

この自分の秘密をいってもいいなと思う人を

友達と思っています

 


多くの人はこの人を「親友」と呼ぶと思うのですが、

私の中では親友は友達と同義にしています


多くの友達がいて、

その人全員に自分の秘密を言えるほど

信頼しているのであればいいのですが、

そうではないのなら必要ないのではないかな?とは思います

 

 

あ、でも

最初に言った通り

人付き合いをする必要がないとは

言ってないですよ


人付き合いは大事です


人と会話することで、

どういう人がいるのか、

どう言った傾向があるのかわかりますし


自分の知らない情報を

共有できるかもしれません


思いもよらぬコネをいただけるかも

しれないですしね

 

だから皆さんも

友達はいっぱい作らなくていいかわりに人付き合いはしっかりしましょう


今日はここまで


それでは


スポンサーリンク